おすすめ紹介

【副業のススメ】社会人が副業をすることを強くお勧めする理由

kazu
kazu
こんにちは。kazuです。今日も皆様お疲れ様です。

国立大学を卒業し、作業療法士として病院に就職。その後三度の転職を行い、現在は総合病院にて作業療法士として勤務しつつ、ブログや弾き語り配信を通して副業も行っています。

雨が上がって暑くなって、体調は崩されていませんか?

どんなに大事な仕事があろうと一番大事なのは自分の身体。

無理なく過ごしていきましょうね。

 

質問をいただきました。

こんにちは。いつもブログを拝見させていただいています。

私は現在、病院で働いて今年で3年目となる言語聴覚士です。

少し相談事があるのですが。実は今の自分の所得になんとなく不安があるのです。

今は社会人平均と同じくらいの月収でなんの問題もなく暮らせているのですが、社会では老後2000万円問題や、将来の自分の年金などを考えると、今の所得に不安が残ります。

今SNSを見ていると他の業界で働いている人が積極的に副業に挑戦している世の中です。

はたして私も副業をするべきなのでしょうか。アドバイスをいただけると幸いです。

お金の悩みって切っても切り離せるものではないですよね。

特に社会人になれば様々なお金の問題に直面するかと思います。

今回は副業に関して解説していきます。

可能なら、副業は今からでも取り組むべき

結論から言うと

可能なら、今からでも副業に取り組むべき

と考えます。

その理由は

  • 所得に対する税金の節税ができる
  • 好きなことで稼ぐことができる

となります。

副業をするメリットも踏まえて順番に解説していきます。

所得に対する税金の節税ができる

本業にはない副業の最大のメリットがこれです。

副業で事業所得を得ることができれば、節税ができるようになります。

事業所得を得た年には確定申告が必要となりますが、その時に「青色申告特別控除」で確定申告をすると、最大65万円分の所得控除を受けることが可能です。

更に事業に関連する支出は確定申告時に経費として申請可能です。

例えば、自宅でブログを通して副業をしていた場合、通信費や家賃の一部、購入したパソコン代や勉強するために買った本代なども経費になります。

経費として申請すれば、年間の所得額が経費から差し引かれるため、その分負担する税金額が安くなります。

更にもう一つ、副業による事業所得は社会保険料がかかりません。

つまり副業をすることで

  • 青色申告特別控除が使える
  • 経費の申請ができる
  • 社会保険料がかからない

以上3つの節税対策が行えるようになるのです。

同じ年収500万円でも

本業で500万円

本業で300万円+200万円

では税金額で大きな差が出ます。

副業で事業所得を得ると、数々のメリットを受けられるのです。

好きなことで稼ぐことができる

副業は幅が広く、様々なビジネスを作ることが可能です。

好きなことを通して稼ぐことだって可能なのです。

例えば

  • 音楽が好き→歌や弾き語りをSNSに投稿
  • 本を読むのが好き→レビューをブログに書いて広告費を得る
  • 物作りが好き→ハンドメイドで作ったものを売る
  • 教えるのが好き→音声や動画をYoutube等で配信
  • 買い物が好き→Amazonやメルカリでせどりを行う etc…

といった方法が考えられます。

副業はできれば少ない初期費用で始めることができる副業を選びましょう。

例えば、ブログの開設は数千円程度です。SNSの開設は無料です。

好きなことを通して稼ぐことが出来れば、モチベーションを維持でき、長く続けられるかと思います。

何より好きなことを通して稼ぐことができれば、本業で稼ぐことへの心理的ハードルが下がります。

※注意事項:楽して稼げるという副業には一切手を出さない!

副業を始めると、SNSを通して様々なアカウントから副業の案内や情報商材の勧誘などが来ます。

楽をして儲けるという副業はほぼ100%詐欺なので、一切手を出さないようにしましょう。

副業は基本的には楽をして稼ぐものではありません。

また高額な情報商材の勧誘にも乗らないようにしていきましょう。

僕自身も副業をするにあたって、高額な情報商材は全く触っていません。

副業をする前に多額の出費を重ねてしまうことがないようにしましょう。

まとめ:自分で稼ぐ力こそ現代を生きる大切な力

以上副業をお勧めする理由のまとめとして

  • 所得に対する税金の節税ができる
  • 好きなことで稼ぐことができる

を解説しました。

会社に頼って所得を得るのではなく、早いうちから自分自身で稼いで所得を得ることが、老後の貯蓄や年金問題に対処できる一番身近な方法であると思います。

会社に頼って所得を得る方法では税金も取られ放題であり、何よりいつまで雇用が保証されるかもわかりません。

いつ何時、自分一人でやっていかなくてはならない場面が来るかもわかりません。

 

早い段階で自分で稼ぐ方法を知っておけばこうしたリスクにも対処できるかと思います。

また副業に取り組めば、副産物としてお金のリテラシーも高めることもできます。

僕自身も副業を通して今の日本の税収制度や確定申告の仕組みなどを理解できました。

 

現代を生きる大切な力を副業によって備えることができるかと思います。

kazu
kazu
副業は様々なメリットがあります。早い段階から取り組んでおくことをお勧めします。

 

ABOUT ME
kazu
作業療法士/マイクロ法人の社長/リベ大生