お悩み相談

【退職】円満退職って無理なの?

こんにちは。

kazuです。

今日も皆様お疲れ様です。

暖かくなって春も近づいてきましたね。春は出会いの時期でもあるし別れの時期でもあります。

今日も質問を頂きました。

「kazuさんこんにちは。先週、求人先から内定を頂き、4月から新天地で働くことが決まりました。

しかし現職にはまだ退職の意向を伝えていません。

なぜなら今職場は繁忙期であり、今このタイミングで退職を伝えてしまうことは職場に多大な迷惑をかけてしまうことになる為、気後れしてしまっています。

できるだけ職場と対立せず、円満に退職したいのですが、何か方法はありませんか?」

今日は僕自身の経験を踏まえてできるだけ円満退職する方法について解説していきます。

正直言って、円満退職は難しい…

僕自身も過去に2回ほど転職を経験していますが、正直言って自分が理想としているような円満退職は難しいです。

自分の退職を応援してくれる人もいましたが、中には全面反対する人もいらっしゃいました。一度上司の方と口論になった経験もあります。

それでも仕方ありません。

自分の退職についてどう思うのかは完全に他者の課題です。

今から退職する自分にとってはどうすることもできない課題です。自分の退職を良く思おうが、悪く思おうがそれは他者の自由です。

なので退職をしていくのであれば、他のスタッフと対立してしまってもやむを得ないという思いで行動していきましょう。

それでもできるだけ円満に退職したい人へ

過去に一度だけ円満に退職できた事例があります。

そのおかげで、退職後も前職のスタッフと定期的に連絡を取り合う仲となっています。

前回の記事でも解説しましたが、これから自分の選択していく行動を他者がどう思うのかは考えることなく、ただ自分にとってベストだと思う行動をとっていくようにしましょう。

これから私自身が考えたその行動の具体例を解説していきます。

退職の申告はギリギリになって伝えない

会社に退職を申告する際はできるだけ早く、最低でも1か月以上前には伝えておくことをお勧めします。

会社の就業規則によっては、退職の申告は様々であり、中には3か月前と設定されているところもありますが、民法では2週間以上前の申告によって退職が可能です。

しかし実際のところ、2週間前になって退職の意向を伝えることは、業務の引継ぎ等で会社に迷惑をかけてしまう場合が多いです。

またギリギリになって退職を申告してしまうと、引継ぎ業務を急ピッチで行わなくてはならない状況になってしまう為、自分の業務もきつくなっていまう可能性もあります。

お互いに余裕を持った引継ぎを行う為にも、1か月以上前には会社に退職を申告するようにしましょう。

自分の業務と引継ぎを最後まで責任をもって行う

上司と具体的な退職日を取り決めたら、退職日の業務終了まで責任をもって業務に取り組み、他のスタッフへの業務の引継ぎも怠ることなく行っていきましょう。

自分の担当患者様を他のスタッフに担当していただく際は

  • 患者様の情報や、今しているリハビリの内容
  • リハビリの目標、今後どのようにリハビリを展開していってほしいか
  • 押さえるべきリスク管理のポイント
  • 今の担当患者様に担当が変わるかどうかを伝えているかどうかetc…

といった内容を説明し、自分がいなくなっても他のスタッフや患者様に不利益が出ないくらいに引継ぎを行いましょう。

できれば退職日の当日は、担当してくださった患者様にも、直接ご挨拶とお礼を言いましょう。

会社への不満を一切言わず、むしろ感謝を言う

退職には様々な理由があるとは思いますが、円満退職を希望するのであれば、退職時に会社の不満を言うのではなく、むしろ現職で在職させていただいたことに対する感謝を言うことをお勧めします。

会社との関係が劣悪になってしまっている状況なら、感謝を言うことは心理的ハードルが高いかもしれませんが、この場合でも会社の為ではなく、自分の為にも会社へ感謝を言うようにします。

この場面で感謝を言うことができれば、この先も以前に勤務していた会社のことでストレスを溜めてしまうことも少なくなっていくかと思います。

※補足事項:退職後にお礼状を送る

私自身は、退職日当日に会社へ直接感謝を伝えるのと同時に、退職後はお礼状を送るようにしていました。

お礼状は手書きでもデータ上で作成したものでもどちらでも構いませんが、個人的には便箋で手書きで直接郵送することをお勧めします。

自分の会社を辞めていった人からのお礼状は、会社側としてみれば嬉しいものだと思います。

また、会社へ直接対面して、言葉でお礼を言うことが心理的にも難しかった場合も、文章を郵送する形であれば、心理的ハードルも下がるかと思います。

是非活用してみてください。

まとめ

上記の内容を実際に実行したからといって、必ず円満退職できるとは限りません。自分の退職を快く思わない人もいるでしょう。

また、退職時に色々言われることによって、退職の意向が揺らぐこともあるかと思います。

しかし大事なのは、何度も言っている通り、どんな状況においても、今ここの自分にとってベストな行動をするようにしましょう。

自分にとってベストな行動が退職なのであれば、たとえ他者から嫌われてしまうことがあっても、自分の行動を信じましょう。

そして退職するときも、その日その時にベストな行動は何かを考えていけば、そんな自分を応援してくれる人もきっと出てくるのではないでしょうか。

日頃から自分にとってベストだと思う行動をしていくことによって、これからも自分に後悔しない人生が送れるかと思います。

はっきり言ってしまえば、自分が退職したくらいで仲が悪くなってしまう程度の人間関係は思い切って縁を切ってしまっても良いと思っています。

むしろお互いにとって本当に信頼できるような人であるならば、退職しても応援してくれますし、この先もきっと自分とつながってくれます。

自分の行動を信じて、迷わず自分の道を進んでいってくださいね。

kazu

少しでも自分にとって良いものとなるような退職ができることを心から応援しております。

ABOUT ME
kazu
作業療法士/ブログ/ギタリスト/リベ大生/生き方を考えるOT 作業療法士が自由に豊かに暮らせることを証明したい。 僕もあなたも自分らしく生きていけるように。