メンタルヘルス

【適応障害】になって見えた世界 その3

【適応障害】になって見えた世界 その2これは”【適応障害】になって見えた世界”というタイトルにて僕が経験したことを中心にお話しています。 ※前回の続きです htt...

僕が自宅で療養している頃、ある日職場の直属の上司から連絡が入りました。

 

LINEを確認してみると

「少し電話で話をさせてください。」

との言葉がありました。

 

僕は少し手が震えながら内心緊張した気持ちを隠しつつ、上司へ電話をかけました。

 

「もしもし?kazu先生?」

 

「はい…」

 

「今電話しても良かったかな?」

 

「大丈夫です…」

 

「眠れてる?今までずっと我慢してきたんだね。ごめんね。」

 

「今はしっかり休んで体調が良くなったらまた会って一緒に話そう。仕事のことは心配しなくていいからね。」

 

上司は僕の体調を気遣ってくれました。

 

忙しいのにわざわざ連絡してくれて嬉しい。

 

ずっと見てきた自分の患者様を急に受け渡すことになって申し訳ない。

 

僕のことをいつまでも気遣ってくれる上司に頭が下がる思いでした。

 

 

 

 

 

しかし、ある言葉によってその思いは一気にかき消されました。

 

 

 

 

 

「kazu先生。これから私がいうことを良く聞いてね。」

 

 

 

「kazu先生がこれから作業療法士として働いていくためにね

 

 

 

自分のことをよく知っておくためにも

 

 

 

発達障害の検査を受けた方がいいよ。」

 

 

 

 

????

 

 

 

 

僕の頭は一気に真っ白になりました。

 

 

 

発達障害?

 

 

 

それは医者からの診断?

 

 

それとも自分の独断で言っていることなの?

 

 

 

何より今までの自分をそういう目で見ていたの…??

 

 

 

あまりにも想定外すぎる言葉にただただ呆然としていました。

 

 

 

「これからのkazu先生の為にもね。絶対に知っておいた方がいい。」

 

「はは…そうですね。ありがとうございます…」

 

「検査の結果が出たらまた教えてね。」

 

「わかりました。また連絡させていただきます…」

 

僕は呆然としつつも、冷静を装いながら上司との連絡を終えました。

 

 

そしてスマホを机に置くと、次第に激しい怒りがこみ上げてきました。

 

 

一緒に働いてきた人から、今まで自分のことを病的な目で見られていたことに心底腹が立ちました。

 

 

たった数ヶ月間、そういう目で自分をみていたのか。

 

 

結局部下の悪いところがあれば、そういった病的な目で判断しようとするのか。

 

 

何よりそんなセンシティブなことを遠慮もなく言うなんて。

 

 

心の底から信じ切っていた直属の上司からの言葉だったが故に、これ以上ないくらいショックでした。

 

 

弱り切っていた心にグサリと刃物を刺されたような思いでした。

 

 

僕は眠れることができない長い長い夜を過ごしながら、ある決心をしました。

 

 

もうこんな職場…辞めよう…

 

 

続く…

追記です↓

(今思うことですが、決してこの上司は悪意があってこの言葉を選んだのではないと思っています。

それは僕がこれからの作業療法士として期待しているからこそ、自分とより向き合ってほしいと思っていたが故に言った言葉だと思います。

僕のことを思って上司なりに精一杯考えた結果がこの言葉だったのだと思います。

なのでこの上司は嫌いにもなっていませんし、むしろ僕のことを考えて言ってくれたことに感謝しているくらいです。

ちなみに後日、発達障害の検査を受けてみましたが結果は陰性でした。)