生き方支援

【経験】急性期での作業療法の経験について

こんばんは。kazuです。

今回は急性期での作業療法について経験したことをお話しします。

急性期での作業療法の役割について

僕は作業療法士1年目の時にケアミックスの病院の急性期病棟で、3年目の時に大学病院にて超急性期を経験しました。

急性期での作業療法の主な役割は「作業療法の方針・方向付け」と考えています。

急性期では、血圧や酸素、血液データや呼吸状態、心エコー等の医学的情報から、考えられる生活上のリスクを総ざらいし、リハビリテーションを通して患者様の心身機能・生活機能を評価を行いました。


そして大まかな予後予測を立てるとともに、患者様やその家族から退院後の希望や希望する生活内容を聴取して、今後必要なアプローチを考えるようにしていました。

急性期の作業療法で主にやっていたこと

急性期の大半は評価を中心に展開していきました。

評価はICFを通してボトムアップ的な評価を展開しつつ、患者様とその家族からの希望している生活行為を聴取してリハビリゴールを設定するトップダウン的な評価の両方を用いていました。

急性期から転棟または退院される際は、次のサービスを担う方に対し、上記のリハビリテーション上のリスク・注意点と今後必要な作業療法の内容をできるだけわかりやすい形で申し送りするようにしていました。これには生活行為申し送り表(下記の画像参照)というシートが、情報共有という点で利用しやすかったです。

出典:一般社団法人 日本作業療法協会 生活行為向上マネジメント(MTDLP)より

大学病院ではICU(集中治療室)における作業療法も経験しました。


肝臓がんの術後間もない方に対する早期からの離床や、脳動脈瘤のクリッピング術を終えた直後の方は覚醒度や認知機能評価を行い、経過を他職種に報告するようにしていました。

他にもがんリハビリテーションでは白血病の子どもに対する無菌室バイオクリーンルームでの作業療法も行いました。


無菌室なので道具の持ち込みは禁止されていましたが、隔離生活で心理的に不安の抱えているに子どもの患者様に対し、軽い運動や会話を通して、心理的サポートを行いました。

ちなみにがんリハビリテーションも様々なアプローチと臨床上にて考えるべき点があり、とても奥が深かったので、また後日に解説します。

個人的に大変だったところ

急性期で大変だったところは、とにかく回転数が早いことです。

時期によっては、入院した患者様が早くて3日以内に退院なんてこともありました。

退院が急に決まった際には、急ぎで計画書の算定や、サマリー作成等に追われるので書類業務に急かされることが多かったです。笑

また状態が安定していない患者様へリハビリテーションを行うので、とにかくリスク管理を徹底しなければならない点も大変な面でもありました。


心不全患者様に対する血圧管理や、血液がん患者様に対する感染対策、骨折して間もない方への離床や、栄養状態に合わせた運動負荷を考えなくてはいけない等、リスキーな状態での作業療法を展開する場面が多かったので、それなりにプレッシャーもありました。

急性期での作業療法の魅力について

しかし急性期でもたくさんの良いところもありました。

様々な症例を担当できること

一つはたくさんの患者様に出会えるという点です。

ケアミックス病院で働いていた時は、急性期で僕が担当した方の多くは回復期病棟や地域包括ケア病棟に転棟された上で退院される方がほとんどでした。


回復期病棟へ転棟された患者様が退院される際に、回復期で関わった他のセラピストだけでなく、急性期で関わった僕にまで挨拶に来てくれたり、患者様によっては手紙を渡してくれたりといった場面がありました。

それゆえ、関わった時期は短かったものの、急性期で関わった数多くの患者様から感謝されました。

自分が関わった患者様が元気になって、退院するまでの過程を数多く見れる点が急性期の魅力だと感じています。

医学的知識に強くなる

また呼吸器疾患やがんなど、急性期にしか出会えない症例も数多く経験できたので、その分臨床スキルは向上したように感じます。


他にも、リハビリ開始前に医学的情報を必ず情報収集するので、多少は医学的知識に強くなったように感じます。

ちなみに医学的知識に強い人は間違いなく他職種から信頼されると思います。

急性期での経験は他の領域でも役に立つ

個人的にこの点が特に急性期の魅力だと思っているのですが

急性期で経験する考え方は、間違いなく回復期や維持期など他の領域でも役に立つという点です。

急性期で経験するリスク管理の考え方や治療的思考は、回復期や維持期、終末期でも必ず使います。

また急性期を経験していけば、自然と疾患に対する知識を深めることができます。

その知識が急性期を過ぎた患者様や、病気を持っていない健常者の方々への健康管理の面でアドバイスできる可能性があります。

故に急性期での経験は、臨床や健康管理において幅広く活用できるのです。

まとめ

忙しいイメージの多い急性期ですが、急性期にしかない作業療法上の魅力もいっぱい詰まっているように感じます。

個人的には、医学的知識に富んだアカデミックな作業療法士を目指したい方にはおすすめの領域だと感じています。

共感していただけた方はいらっしゃいましたでしょうか。

急性期の作業療法、他にもこんな魅力があります!等の意見があれば、コメントでもいいのでぜひ教えてくださいね。

ABOUT ME
kazu
作業療法士/ブログ/ギタリスト/リベ大生/生き方を考えるOT 作業療法士が自由に豊かに暮らせることを証明したい。 僕もあなたも自分らしく生きていけるように。