メンタル疾患の治療・療養失敗経験談

様々なメンタル疾患を持っている方々と関わってきましたが

特に病気との向き合い方がわからないという方は多く

  • メンタル疾患がなかなか治らない
  • 療養中なのに病状の悪化を繰り返す
  • 体調が良くなったかと思えばまた悪くなる

といったお悩みをよく聞きます。

実際、メンタル疾患を持っている方々の特性は人それぞれであり

  • 発症した経緯
  • 以前の生活歴
  • 家族構成
  • 個人の価値観

メンタル疾患との向き合い方も人によって異なります。

しかしメンタル疾患という病気を治していく上で

自分の経験上、これだけはやめておいた方がいい

ということがあります。

今回は僕自身の経験を踏まえて

メンタル疾患の治療・療養の失敗例

を解説していきます。

目次

ストレス解消を飲酒に頼ること

まず最初に力強く言っておきますが

メンタル疾患の療養中に飲酒は厳禁。

なぜここまで言うのかと言うと、僕が既に経験しているからです。

メンタル疾患の療養中に飲酒すると

  • 薬の効果を打ち消し、反対に副作用が増強して苦しむ
  • 入眠の質が落ちて、生活リズムが崩れる
  • 二日酔いで抑うつを増強させてしまう

といった状況に陥ってしまいます。

療養中の飲酒にメリットはなく、むしろデメリットだらけです。

きっと飲酒をしてしまう心理の奥底には

日々のストレスに対処しきれず飲酒で解消してしまう

のがほとんどであるはず。

なのでこうした日々ストレスに対しては

飲酒以外の健康的な方法で対処していきましょう。

例えば

  • 肉や魚等の美味しいタンパク質を食べる
  • 緑がある公園へ軽く散歩する
  • 身近な人と楽しく会話して関わる
  • 入浴やストレッチでリラックスする

といった方法が良いですね。

また飲酒したくなるトリガーを知っておくことも大事。

飲酒したくなるのは主に

  • 空腹を感じているとき
  • 体が疲れ切っているとき
  • 孤独や怒りを感じているとき

こういったタイミングであると思います。

こうした飲みたくなるサインを知っておいて

飲酒に頼らずに済むように対処方法を作っておくこと。

先ほどの例に挙げたように

  • 空腹である→タンパク質を摂取
  • 疲れている→入浴やストレッチで対処
  • 孤独や怒り→身近な人と楽しく会話する

こうして

自分のストレスに自分で対処ができると自覚すること

そんな自信を持つことが大事です。

焦って結果を出そうとすること

次にメンタル疾患を再発しやすい考え方として

焦って結果を出そうとすること

これが挙げられます。

僕自身もこれで過去に痛い目を見ています。

当時は療養中であるにもかかわらず就職活動をしていました。

当時は適応障害で自宅療養していたものの

周りが働いていて、自分だけ何もせず働いていない状況に

どうしても罪悪感が拭いきれませんでした。

そうして誰とも相談せず病気を隠しながら

ある職場にパートとして働かせてもらったのですが

1ヶ月後に仕事上のストレスに衝突すると病気が悪化。

翌日出勤できなくなるくらいに悪化して、そのまま退職しました。

これは早く職場復帰することに焦って

自分の体調を無視したこと

が一番の原因だったかなと思います。

他にも

  • 早く治そうと無理して外出を繰り返してたこと
  • 薬を飲もうとせず自分の力だけで治そうとしたこと
  • 病気の特徴を知ろうとせずに仕事をしようとしたこと

これらは全て焦って結果を出そうとした要因だと感じています。

こうならないためには

たった今の自分の体調に向き合うことが大事。

メンタル疾患はどうしても調子の波があって

今日はちょっと体調が良くなったなと感じても

  • その後にすぐ体調を崩す可能性はないか
  • 今の状態でも仕事上のストレスに対処できるのか
  • 再就職するタイミングは今からで大丈夫なのか

これを考えるべきだったと感じています。

でもこれらの判断は自分一人だけでは難しいはず。

なので再就職は家族や友人の他

クリニックの主治医とも相談することをおすすめします。

そして

病気への対処は自分一人だけで抱え込まないこと。

未来を見ようとしすぎないこと。

こうして援助を受けながら、身近な人を巻き込みつつ

今は闘病中は自分の病気を治すことだけに集中する。

これを意識していくべきだと考えます。

他人の目を気にしすぎること

最後に

しんどいことを我慢して他人に合わせること

これが最大の失敗だったと感じています。

僕は適応障害を発症した、かつての職場で

  • 上司の期待に応えないといけない
  • 他の人も頑張っているから手を抜けない
  • ちゃんと人の役に立たないといけない

そう思ってひたすら自分に鞭を打っていました。

つまり

他人の目を気にして、嫌われることを恐れていました。

その考え方のクセを療養中でも引きずってしまい

  • 友人に会っても元気そうな素振りをしたり
  • 人の誘いを断れず、飲み会に参加したり
  • 体調が悪いのに無理をして遊ぼうとしたり

これがなかなか抜け出せなくて治療も難渋しました。

先ほども言った通りメンタル疾患の療養中は

自分の体調に向き合うことが大事。

精神療法の一つとして

森田療法

という治療法があります。

森田療法はわが国の精神科医、森田正馬によって創始された神経症に対する独自の精神療法です。森田療法は患者様が症状へのとらわれから脱して「あるがまま」の心の姿勢を獲得できるよう援助します。

出典:森田療法とは|東京慈恵医科大学 森田療法センター

森田療法による治療の第一段階として

心身を休めながら自分と向き合う臥褥期(ひたすら休む時期)

があります。

つまり休むことを通して

自分の中にある不安や葛藤をあるがままに受け入れること

そこから病気から立ち直る力を取り戻していきます。

なので休むことを通して自分の体調と向き合う時間はとても大事。

療養中の苦しい時期は

他の目は気にせず、自分の体を休むことに集中すること。

療養中に相手が自分をどう思うのか

そういったことは考えなくていい時期です。

まとめ

これらの失敗談の根本的な要因は

自分の苦しみと真正面で向き合ってこなかったこと

にあると思います。

これまで解説してきた

  • ストレスへの対処を飲酒に頼る
  • 焦って結果を出そうとする
  • 他人の目を気にしすぎる

これらは全て自分が苦しいという本心を無視した行動でした。

何度も言っていますが、大事なのは

自分の心に正直になって、ちゃんと苦しみと向き合うこと。

例えば

  • 休みたいと思っているなら無理せず休む
  • やりたくないと思っているならやめる
  • しんどいと思っているなら体を労わる

こうして

自分の本当の気持ちに気付けることがとても大事です。

ベッドに横になって目を閉じているとき

自分の本心と静かに対話してみてください。

たくさんの時間をかけて休みながら

自分は本当はどうしたいのか?

それが少しずつ見えてきた時が治療の第一歩です。

kazu

無理しないでくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Please share if you like!
  • URLをコピーしました!
目次