あなたとお話

【自分の生き方を考える】何のために仕事をするの?お金を稼ぐの?

今日はいつもと違って

最近考えてきたことをありのままに書いてみようと思います。

 

僕はここ最近、お金との向き合い方に悩んできました。

目標の貯金額まであと何万円稼がないと…

月5万円稼げるまでブログを頑張らないと…

 

こんなことを考えているうちに

本業である作業療法士も

副業であるブログも

いつしかお金稼ぎが目的になってしまっている自分がいました。

 

そんな自分に疑問を持つようになりました。

ふと思ったのですが

「自分はなんのために仕事をしているんだったっけ?」

「お金ってなんで稼ぐ必要があるんだろう?」

こう思って僕はブログを休んでいました。

お金が発生しない=価値がない?

作業療法士は決して高年収な仕事ではありません。

セラピストの平均年収はおよそ410万円程度。

一般的な職業よりも低い。

そして今僕が働いている職場も例外ではない。

 

ブログも稼げない日々が続いている。

 

でもだからといって自分の仕事に価値はないのだろうか?

年収が高くないからって、副業でお金が稼げないからって

自分のやっていることに価値はないのだろうか?

 

そもそも年収で価値を測るって一体誰が決めたこと?

僕はもう一度

「嫌われる勇気」

という書籍を読んでいました。

 

そこにはこう書かれています。

 

「幸福感とはすなわち貢献感である。」

「他者の役に立っている。それだけでいい。」

 

幸福を感じることに対して、お金は一切触れられていませんでした。

 

でも現実的にはお金がないと生きていけないのも事実です。

お金がないと食事もできないし

家に住むこともできない。

 

でもだからといってお金稼ぎが全てなんだろうか?

 

世の中には働かなくても生きていけるお金持ちの人もいますが

そんな人でも仕事を続けている人が多いと聞きます。

 

バビロン大富豪の教えにもあるのですが

 

「人に感謝されるように、感謝されるために懸命に仕事をする。

それさえ続けていれば必ず光が差す。」

「そのことに比べたらお金なんておまけだ!」

つまり仕事は誰かのために働くことに意義がある。

 

今の生活に不満があるのであれば

生活の支出を減らして身の丈に合った生活をする。

その中で自分にとって価値を感じる仕事をする。

これだけで僕は十分に幸福なのではないかと思うのです。

 

僕は作業療法士という仕事が大好きです。

障害あるなしに関わらずクライエントの生活を専門的な視点でとらえ

どうやったら自分らしい生活を送っていくかを考える仕事。

そうして人から感謝される。

 

仮に経済的に自立しても作業療法士という仕事は続けていると思います。

 

そしてブログも最初の頃は

自分が

「これを伝えたいんだ!」

と思ってブログを始めたはず。

 

僕は自分の考えを世に伝えることに意味があると思って発信している。

そこにお金が発生するかどうかは二の次だったはず…

自分だけの仕事の本質は何?

今仕事でお金ばかりに目を向けている人は一度考えてほしいことがあります。

確かにお金は大事。

お金がないと生活ができないことも事実です。

 

その上で

いつもお金稼ぎばかりに目が向いていないか?

お金が少ないからって自分の仕事に価値はないのだろうか?

自分が仕事をする本当の目的はなんだったんだろうか?

 

きっとお金だけが全てではないはず。

仕事の本質はきっとお金だけでは測れないはず。

 

お金や数字とは程よい距離感で付き合っていきたいですね。