ライフスタイル

会社員生活を安定させるためにやったこと

今回は

会社員生活を安定させるために僕がやってきたこと

を解説してきます。

 

作業療法士といったセラピストも

病院という会社で働く会社員

 

終身雇用が崩れつつある世の中ですから

今の働き方に安心できていない人も多いと思います。

 

そこで複数回の転職を経験し

現在も会社員として働いている僕が

安心して会社員として働くためにやってきたこと

をお話していきます。

生活コストを最適化する

まず最初に

(というかこれが一番重要だと思っているのですが)

生活コストを最適化すること。

 

生活費をできるだけ下げておくことで

  • 万が一働けなくなっても貯金で対応できる
  • 働かない期間があっても対応できる
  • 急な出費があっても対応できる
  • 働き方の選択肢が広がる

といったように暮らしの安定性が増していきます。

ただし支出を切り詰めすぎて

ストレスの多い生活にならないように気をつけてくださいね。

 

まずは

自分の生活費を算出してみましょう。

そしてその生活費の中から

別になくてもいいかなって思う支出

をカットしていきます。

 

一度部屋の周りを見渡してみて

別になくてもいいモノがないか確かめてみてください。

例えば

  • 車って本当に必要…?自転車でもよくない…?
  • 本棚って本当に必要…?電子書籍で読めばよくない…?
  • 服ってたくさん必要…?お気に入りの服数着でよくない…?
  • 光回線って本当に必要…?スマホでテザリングすればよくない…?

と今までの生活様式を疑ってみてみます。

 

そして別にいらないかなって思う支出は

試しに一度カットしてみましょう。

 

僕の場合は

車の維持費、時短家電、洋服代、光回線代…

などなどをカットしていきました。

 

そして生活費を計算してみたのですが

合計で92,291円でした。

その内訳は

奨学金 13,313円
家賃 40,000円
水道光熱費 6,700円
通信費 3,278円(楽天モバイルのみ)
サブスク 1,000円
食費 20,000円
日用品 2,000円
プロテイン 6,000円

そして将来、奨学金を完済すれば大体8万円になります。

8万円あればとりあえず暮らしていけるので

仕事は週3日勤務でも十分に暮らせます。

 

余剰資金を投資に回して

毎月配当金を貰えばさらに勤務日数を減らせるかも…

さらに今後ベーシックインカムが導入されたら…?

もう働かなくてもよくなるかもしれません。

 

つまり生活費を最適化することで

生き方の選択肢を広げることができるのです。

kazu
kazu
生活費を抑えておくと精神的にも安定します!

複数の職場での実務経験

次に

複数の職場での実務経験を持っておく

こともおすすめします。

 

これはつまり

どこの職場でも成果を出せる人材になるためです。

 

僕はこれまで4回ほど転職して実感したのが

  • 初めての人たちとの良好な関係を作るスキル
  • 新たな環境でも臨機応変に対応できるスキル
  • 自ら新たな問題を見つけて解決に導くスキル

ポータブルスキルというスキルの一部です。

これらは実際に転職してみないとわからない部分が多いです。

 

そしてこれらのスキルがあると

いろんな職場で重宝されるような人材になるんです。

 

そうなるともし今後

急に転職しなくてはいけない状況になっても

仕事が見つからなくて困ることは少なくなります。

結果、会社員生活の安定性が増すのです。

実際に

転職エージェントの方に聞いてみたのですが

同じ35歳の人でも

  • 1つの会社に10年間働いてきた人
  • 3つの会社に3年・3年・4年と合計10年働いてきた人

では後者の方が人材価値としては高い

とのことです。

 

その理由は

複数の職場で成果を上げてきた人は

仕事で実務で成果を上げる再現性が高い

と評価されるのです。

 

もっと言えば

今までの勤務先で経験してきたことを

いかに他の企業や人に役立てられるかを説明できるようになれば

きっといろんな就職先から重宝されるのではないかと思います。

 

なので一つの職場に長く勤めることより

複数の職場で実務経験を積んでおくことが大事なんですね。

kazu
kazu
柔軟に対応するスキルを磨こう!

転職スキルを磨く

最後に

転職に必要なスキルを磨いておく

ことも重要です。

常日頃から転職に必要なスキルを磨いておけば

これから先、急に転職が必要になっても対応できると思います。

 

僕が思う転職に必要なスキルとは

  • 自分に合いそうな転職先をリサーチするスキル
  • 面接で人材価値を言語化してアピールするスキル
  • 自分の人材価値を紙一枚にまとめる文章力

などが挙げられます。

 

転職先のリサーチで特におすすめなのが

転職エージェントとの定期的にコミュニケーションをとることです。

 

転職エージェントはホットな求人情報を知っているだけでなく

  • 転職市場で需要が高いスキル
  • 転職先のリアルな情報
  • 最適な転職時期 などなど…

自分でリサーチするだけではわからない情報を持っています。

そしてこれらの情報は

転職活動を有利に進めていくための重要なヒント

になります。

次に面接でのスキルですが

実際にその勤務先から重宝されるようなスキルを持っていても

今度は、そのスキルを相手にうまく伝える必要があります。

 

もっと具体的に言えば

自分がどのように企業や人に貢献できるのか

これをわかりやすく言葉で伝える必要があるんですね。

 

例えば僕の場合は

今まで病院で働いてきた経験から

医療知識に基づいて健康的な生活をアドバイスできるとか…

そういったスキルをアピールしていました。

 

つまり

転職先が欲しがっている人材をイメージしながら

今自分にはそのスキルがあって会社に貢献できます

ってアピールするんですね。

そして常日頃から

自分の職務経歴書をブラッシュアップする

こともおすすめしたいです。

 

今までの仕事で経験してきたことを

1枚の職務経歴書にまとめておきましょう。

 

これは今すぐ一気に完成させるのではなく

その都度自分が経験してきたスキルを振り返りながら

ちょっとずつ職務経歴書を仕上げていきます。

(職務経歴書のフォーマットは検索すれば出てきます)

 

ここでのポイントも

転職先が欲しがっている人材をイメージして

そのイメージと自分の経験と繋ぎ合わせること。

 

つまり転職先に

自分が入職すればどんなメリットがあるのか

 

これを明確にしておくのがポイントですね。

kazu
kazu
職務経歴書は日頃から目を通しておきましょう!

まとめ

  1. 生活コストの最適化
  2. 転職スキルを磨く
  3. 複数の職場での実務経験

いかがだったでしょうか?

 

今の世の中はものすごい勢いで変わっていっており

今後も変化することは間違いありません。

 

ある印象的だった言葉があるのですが

“世の中変わり続けることが唯一変わらないこと”

とあります。

 

大事なのは

自分からいち早く世の中の変化に気づき

それに対応できる状況を早い段階から作っておく

ことだと思います。

 

突然、環境を変えなくてはいけない状況になっても

対応できるような状態を日頃から意識しておく。

これだけでも会社員生活の安定性は増すと思います。

 

よければ参考にしてみてください。

kazu
kazu
変化に気づき、変化を恐れず!