あなたとお話

急にキレられてしんどい…?突然のストレスへの考え方

今回は作業療法士の方から

質問をいただきました。

 

“作業療法士1年目の者です。

現在入院中の患者様にリハビリテーションを提供しているのですが

ある患者様から急に怒られたりするのがとてもしんどいです。

こちらに非がある場合は納得できるのですが

明らかに自分に非がない場合でも怒ってくるので精神的にきついです。

この状況がずっと続くと憂鬱な気持ちになります。

何か対処できる方法はありませんか?”

 

たしかに病院で働いていると

様々な症状、様々な背景を持ってらっしゃる患者様と出会いますので

こういった事例は決して珍しくないと思います。

特にセラピストの皆様はきっと心当たりがありますよね。

 

そこで僕なりに考えた

急なストレスのある場面への対処・考え方

を解説していきます。

事実と感情を分けて対処する

結論から言うと

事実と感情の問題を分けて対処すること

をおすすめします。

 

精神的にストレスがある場面って

  • 事実の問題
  • 感情の問題

これらの両方が突然現れるからストレスになってしまうのだと思います。

 

事実の問題ははこの場合だったら

ある患者様から急に怒られたこと

 

感情の問題は

怒られてとてもしんどいと思ったこと

だと思います。

まずは感情の対処から

ストレスのかかる場面って

事実と感情を両方対処しないといけない

だからしんどい思いをするのだと思います。

 

デカルトの言葉にもあるのですが

困難は分割せよ

とあります。

 

つまり

自分で抱えきれないほどの問題は

細かく分けて一つ一つ地道に片付けていくようにしよう

ということです。

 

この場合は

事実と感情の問題を明確に分けて

すぐ対処すべきものから対処していきましょう。

僕は、時間が許すのであれば

先に感情の対処から行うこと

をおすすめします。

 

感情はどうしても湧いてきてしまうものであり

本当は慌てているのに

そんな感情を押し殺しながら事実を対処をすると

どうしても視野が狭くなりがちです。

ミスが余計にミスを生んでしまう状況を避ける為

可能なら感情の処理をすぐに行うことをおすすめします。

 

自分の気持ちが落ち着いてきてから

事実の対処をした方がミスを少なくできます。

 

しかし病院で働いていたら

事実の対処に急を要す場合もありますよね。

その場合は早急に事実の方を対処し

それから感情と向き合う時間を作るようにしていきます。

kazu
kazu
この場合も落ち着いて行動しましょう

まずはイラッとした自分に気づく

具体的な感情の対処ですが、大事なのは

自分の感情に気づく

ことです。

 

つまり

  • イラッとした自分に気づく
  • 自分が悲しいと思ったことに気づく

このように

客観的に自分の感情を見つめることです。

 

これだけでも感情の問題は

50%くらい対処できたといっていいと思います。

 

それから

落ち着ける環境に身を置いたり

自分を落ち着かせる行動をしてみたりして

自分の感情をうまくコントロールしていきます。

 

ちなみに僕の場合は

  • 公園に行ってベンチに座りながらボーッとしたり
  • たまにはコンビニで甘いものを買って食べたり
  • ひたすら横になって休憩したり

よくこうしています。

また他人を怒らせた事実って

大事な一次情報になる

と思うんですよ。

 

後から冷静に考えてみて

  • この言葉をかけたからあの人怒った
  • こういった行動をしたからあの人はイライラした

と分析すれば

急に他人から怒られた事実が

次に適切な行動をする為の大事なヒントになります。

 

なので怒られたらむしろ

「(この人をうまく関われる)ヒントをもらえた!」

と密かに考えてもいいかもしれませんね。

まとめ

  1. 事実と感情を分けて対処する
  2. まずはイラッとした自分に気づいて落ち着ける環境に身を置く
  3. それから落ち着いて事実を対処する

慣れてきたら自分の感情のパターンがわかってきます。

例えば、自分が

どんな言葉をかけられたら落ち込むのかとか

どんなことをされたらイラッとするのか

事実と感情のパターンがよくわかってくるんですよね。

そうなると自然と自分の感情を客観的に見ることができて

自然と感情をコントロールできるようになると思います。

 

ちなみに

どうしても感情が対処できないのであれば

仕事を休んでもいいと思います。

仕事中であれば午後休にしてもいいし

翌日の出勤がきついのであれば

思い切って休んで1日中横になってもいいと思います。

 

大事なのは

どんな場面でも平静な気持ちで仕事をすること

だと思っています。

 

よければ参考にしてみてください。

kazu
kazu
自分に優しくしてください