生活費を月10万円まで節約できた方法7選

僕はここ最近

基礎生活費が10万円となる生活を続けています。

月10万円まで基礎生活費を抑えるとかなり生活が安定します。

例えば

  • 満足度の高いことに投資できたり
  • 細かい節約ストレスから解放されたり
  • 突然の出費があっても家計を黒字にできたり

どれも支出を最適化することで可能になります。

今回は

月10万円まで生活費を抑えるのにやってみたこと

についてお話しします。

目次

1日3食をやめる

まず最初に

1日3食の生活をやめました。

僕の食生活は

  1. 朝→プロテイン+牛乳
  2. 昼→ナッツ+コーヒー
  3. 夜→自炊か外食で多めに食べる

といった食生活です。

これで毎月の食費は多くて20,000円程度になりました。

しかも1日1食にしたことで

  • 胃もたれすることがなくなる
  • 余計な脂肪が減る
  • 風邪をひかない健康な体になる

というおまけ付きです。

ただし

元々痩せ型の方は無理に食事量を減らすと体調を崩す可能性があります。

自分の体に合わせて食事量を調整してみてください。

使わないものを全部捨てる

部屋の中を定期的に見渡して

使わないと思ったものは全て処分しました。

例えば

  • 着なくなった服
  • 半年使わなくなった家電
  • 過去の思い出の品
  • たまにしか使わない日用品

ちなみに思い出の品は

スマホで写真を撮ってデータ上で保管しています。

いらなくなったものを捨てることで

そのモノへの維持・管理コストがなくなり

さらに広い部屋にこだわる必要もなくなったので

より家賃の少ない物件に暮らせるようになりました。

日用品もなくなったら買うという手間が減ったため

支出は一気に楽になりました。

水筒を持参する

僕は常に

400ml程度の水筒を持ち歩いています。

水筒を日頃から持参しておけば

缶・ペットボトル飲料を買う必要もなくなります。

また水筒にコーヒーを入れて図書館にいけば

無料カフェの完成です。

トータルでカフェ代や飲料代を大幅に節約できました。

毎月の家計をチェックする

僕は必ず

毎月の家計をチェックして不必要な支出がないか

それを確認しています。

例えば

  • いつも買っているものでもっと安いものがないか?
  • 別になくてもいい会員費はないか?
  • 特に興味のない集まりに参加していないか?

などなど…

特に満足度を下げない方法を探していきます。

生活習慣をアップデート

同時に家計をチェックしながら

本当は必要でない生活習慣がないか確かめること。

例えば

  • 空腹でコンビニを歩き回らない
  • なんとなく100円均一の店にいかない
  • 特別でない日に高いものを買わない

などなど…

この中でも特に満足度を上げない生活習慣をカットしていきます。

車を手放す

これは本当に大きいですね。

車を手放すと大きく生活費をカットできました。

実際に手放してわかったのですが、車は本当に金食い虫。

都市部に住んでいて公共交通機関が発達しているところなら

車を手放すことを考慮に入れてもいいと思います。

もう車検やガソリン、税金のことでも悩まなくていいし

生活のストレスも一気に減ったような気がします。

ストレスを溜めない生活を送る

最後に

ストレスを溜めない生活を送ることが大事。

不必要な浪費のほとんどは、ストレスが原因だと思います。

例えば

  • 仕事帰りに飲酒したり
  • 甘いお菓子を買って食べたり
  • 缶コーヒーやタバコを買ったり
  • 物欲いっぱいになって衝動買いしたり

これらは全てストレスから来る行動のはずです。

日々のストレスとうまく付き合っていくためにも

  • 定期的に運動したり
  • 散歩して外の空気を吸ったり
  • 1人でただボーッとする時間を作ったり
  • 静かに本を読む時間を作ったり

こうしてストレスによる浪費を抑えていきます。

まとめ

支出に悩むことが減ると

それだけ生活がストレスフリーとなります。

そのコツはストレスを溜めずに生活費を下げること。

うまくいけば生活の満足度を上げながらの節約も可能です。

よければ参考にしてみてください。

kazu

生活をより良く!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Please share if you like!
  • URLをコピーしました!
目次