正社員を捨てて週3〜4日勤務になった結果…

僕は現在、大阪の中小企業で

作業療法士として非常勤で働いています。

 

ちなみに去年は

週5日フルタイムの正社員として勤務していたのですが

今年の4月からはもう週3〜4日しか働いていません。

 

投資による不労所得も得ながら

毎日働いていないので、一部の人からは

セミリタイア的な生活

とも言われることもありますね。

 

(実際は土日休み+水曜日を定休日で

週休3日・週4日勤務なのですが

祝日や振替休日などがある週は週3日勤務になるので

週3〜4日勤務と定義しています)

 

そしてこの働き方をやってみて

およそ1ヶ月ほどが経ちました。

 

今回は

フルタイムの正社員を捨て

週3〜4日勤務生活の率直な感想

についてお話しします。

目次

時間的ゆとりと社会的な安定

最初に結論から言うと

フルタイム勤務の頃と比べて

間違いなくQOLは大きく上がりました。

 

その理由は

週3〜4日勤務にしたことで

時間的ゆとりと社会的な安定の

ちょうど良いバランス

を手に入れたからです。

 

僕は連勤が4日以上続くと

どうしても働く気持ちが落ちてしまいます。

フルタイム勤務をしていた頃は

毎週木曜日がいつも憂鬱だったんですね。

[chat face=”IMG_6966-1-e1636114426105.jpg” name=”kazu” align=”left” border=”green” bg=”none” style=”maru”] 皆様も同じですか? [/chat]

 

かといって、会社員を離れると

  • 国民年金・国民健康保険が全額自己負担になる
  • 健康保険の保障が薄くなる
  • 厚生年金の対象外となり年金受給額が減る

という社会的なデメリットもあります。

 

そこで土日休みの他に、水曜日が定休日の

週3〜4日勤務を取り入れてみました。

週3〜4日勤務のメリット

実際にこの形で働いてみると

  • 平日休みと休日休みのメリット両方を享受できる
  • 連勤が長くても二日しかないので精神的にラク
  • 厚生年金・健康保険にも加入できる

結果的に

ちょうど良いワークライフバランス

と同時に

手厚い社会保険

両方手に入れることができました。

 

平日休みがあるので郵便局や市役所にもいけるし

昼間は人が少ないので、大阪の人気スポットにも並ぶことなく行けます。

そして休日休みもあるので友人との都合も合わせられます。

 

そして平日のど真ん中である水曜日に

1つ休日をセッティングするだけで

憂鬱だった木曜日も水曜日の休みで

十分にリフレッシュできた状態で仕事ができます。

 

しかも週3〜4日勤務は

週の労働時間が20時間以上なので

厚生年金や健康保険といった社会保険の加入対象にもなります。

 

さらに副業に取り組める時間も増えて

今は定期的にSNSを通して発信活動もできています。

 

結果的に、公私ともに充実し

本業と副業をバランスよく取り組むこともできて

かつ手厚い社会保険にも入れるという

現時点の僕にとっては

理想的な働き方を手に入れたと思っています。

週3〜4日勤務のデメリット

反対にデメリットとしては

  • 賞与・退職金がなくなった
  • ずっと雇用が保障されるかわからない
  • 会社内で昇進する機会がなくなった

これらが挙げられます。

 

しかし僕の場合は

そもそも賞与は前からいらない

(むしろ邪魔…)

(勝手に給与を後払いにしないでほしい…)

と思っていたし

退職金に関しては

自分で

  • 積み立てNISA
  •  iDeCo
  • 小規模企業共済

これらを活用して

自分で将来の退職金を積み立てています。

 

また生涯を通して作業療法士として働きたいと思っているので

そこまで多くの退職金も特に必要だと思っていません。

 

雇用がいつまでも保障されていない点についても

  • 万が一の生活防衛資金がある
  • 作業療法士国家資格という一生モノの資格
  • 世間のリハビリ職に対するニーズの高さ
  • いくつもの職場を経験した実績・スキル

これらを考慮してみたら

万が一働いている会社で雇用が打ち切られても

転職等を駆使して他の職場で働くことができるので

安定して暮らしていけます。

 

会社内での昇進も前から興味がありませんでした。

(というか個人事業主になれば実質社長みたいなものです笑)

なので僕個人的には

これらは特にデメリットだとは思っていません。

週5日も働く必要がない理由

毎日働く必要がなくなった理由はシンプルに

そこまで多くのお金が必要なくなった

からです。

 

僕は生活費が毎月10万円以下の暮らしをしています。

今の職場で週3〜4日働くことができれば

最低でも月15万円は稼ぐことができます。

 

そして多少贅沢のある生活をしても

生活費は月10万円程度。

 

なので月15万円あれば

十分に食べていけるし、それなりに楽しい暮らしもできるし

貯金・投資だってできます。

積み立てNISAも毎月満額で積み立てを行っています。

 

その余剰資金5万円を

年利5%のインデックスファンドに毎月投資していけば

20年後には2,000万円以上になります。

出典:資産運用シミュレーション:金融庁

これだけあれば老後資金は十分です。

 

そして大阪はやっぱりいいですね。

なにより

無料で利用できるものの質が高い。

 

図書館は広いし

公園はきれいに整備されていて

まるで庭園やキャンプ場のように広い。

 

無料で使えるフリースペースもあるし

そこで座れるところがたくさんあって

水筒にコーヒーを入れて持っていけば

まるで屋外カフェのように使用できます。

 

お金を使わなくても

十分に楽しめる環境がたくさんあります。

 

つまり自分が生活していくのに

週3〜4日勤務でも十分に暮らしていけるのです。

ゆとりある時間こそ豊かなこと

僕は

ゆとりある時間こそ幸せな暮らしである

と考えています。

 

僕は日常生活上のストレスの多くが

時間が足りないこと

だと思っています。

 

時間にゆとりがないと

いつも時間に追われる生活になってしまい

  • 焦って精神的に疲れたり
  • 走って移動して疲弊したり
  • たくさんのことを同時にやらなければならなかったり

結果的に多くのストレスを抱えてしまうのではないかと思います。

 

それにどんなに優しい人でも時間に追われると

どうしてもイライラしてしまうもの。

それだけに時間的なゆとりは

豊かな日常生活に直結すると思うのです。

 

時間のゆとりを作ると

直近の予定に焦る必要もなくなるし

「いま、ここ」を生きることができます。

 

自然に触れ合ってもいいし

行きたいところにふらっと立ち寄ってもいい。

時間を気にすることなく散歩してもいいし

「何もしなくてもいい」という選択もできます。

 

つまり「自由」を感じることができるんですよね。

 

こうして

たくさんある時間をゆったり使うことで

心のゆとりにもつながります。

 

僕はこれこそが豊かな暮らしの本質ではないかと思います。

 

なので

  • 日々の生活が時間に追われている
  • 毎日働く必要がない程、支出が少ない
  • 自由な時間も欲しいけど社会的な安心も欲しい

こういった方は水曜日定休日の

週3〜4日勤務を検討してみてもいいんじゃないかと思います。

まとめ

  • 時間的ゆとりと社会的な安定
  • 週5日も働く必要のない理由
  • ゆとりある時間こそ豊かなこと

仕事といえば

会社で平日8時間勤務する

という考え方を持っている人も少なくありません。

 

しかし僕は

働き方は千差万別であっていいいと思います。

 

人によっては

もちろん平日毎日会社員として働いていいし

週休3日で働いてもいいし

週に1回の勤務でもいいし

フリーランスとしても働いてもいい。

 

大事なのは

自分にとって最適な働き方を見つけること

それを探し続けること

だと思っています。

 

僕は自分にあった働き方を見つけることができれば

どんな仕事も一気に楽しくなるのではないかと思うのです。

 

そして仕事が楽しいと人生が楽しくなります。

仕事は人生の大部分を占める作業ですからね。

 

よければ参考にしてみてください。

[chat face=”IMG_7785.png” name=”kazu” align=”left” border=”green” bg=”none” style=”maru”] 人生の主役は自分です [/chat]

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Please share if you like!
  • URLをコピーしました!
目次