お金を使わずに楽しめること【まとめ】

良好なメンタルをうまくコントロールするには

お金に頼らずとも楽しめる時間をつくることが大事だと思っています。

書籍「夢をかなえるゾウ2」にとても好きな言葉があるのですが

 お金で買える喜びはすべて…素敵な服も、美味しい料理も…他人が作ったものです。

 でもどんな状況でも、それを楽しもうとする気持ちさえあれば、人は自らの手で喜びを作り出すことができます。

 お金がなくても、人は幸せになることができるんです。

出典:夢をかなえるゾウ2|水野敬也著(文響社:2021/4)

この言葉にあるように

豊かな暮らしは必ずしもお金によらない

そう思っています。

お金の使わずとも豊かになるお気に入りの方法がいくつかあります。

今回は個人的な経験も踏まえて

お金を使わなくとも生活を充実させる方法

について解説していきます。

目次

部屋を掃除する

まず最初に

定期的に部屋を掃除すること

をおすすめします。

部屋の状態はよく心の状態を表すといわれており、部屋が綺麗だと心も整ってきます。

ちなみに僕は朝イチにクイックルワイパーでフローリングを掃除しています。

水回りの掃除はウタマロクリーナーを使っています。

ウタマロクリーナーはシンクに加え、風呂場、トイレと幅広く使える洗剤です。

これ一本であらゆるところが綺麗に掃除ができるのでおすすめですね。

不要なモノを断捨離する

掃除のついでに、いらないものは断捨離する様にしています。

例えば

  • 使わなくなったモノ
  • 経年劣化で古びたモノ
  • 部屋に長い間隠れているモノ

これらは思い切って捨ててしまいます。

不要なモノを断捨離することで、部屋が広くなる、モノに家賃を払う必要がなくなるといったメリット以外に

自分の心から好きなモノがより一層際立つ

というメリットもあります。

つまり自分にとってとても居心地のよい空間を作ることができます。

ぜひ試してみてください。

近くの公園で自然に触れる

次に

近くの公園に行って自然に触れること

をおすすめします。

鳥の鳴き声や木々が揺れる音はそれ自体にリラックス効果があり

脳波のα波を誘導してリラックス効果を促すといわれています。

フィンランドの研究では

「1ヶ月に5時間以上自然の中で過ごすだけで、ストレスが大幅に軽減され、脳を活性化し、記憶力、創造力、集中力、計画性が向上する。さらにうつ病の予防効果もある」

と報告されています。

出典:精神科医が見つけた3つの幸福|樺沢紫苑著(飛鳥新社:2021/3)

都会に住んでいても公園にいくと簡単に自然と触れ合うことができます。

僕も会社での昼休憩の時はいつも外出して公園に行っています。

神社を巡ってみる

自然に触れる一例として

神社を巡ってみることをおすすめします。

神社の境内はよく手入れされており、時間を忘れるほど森林浴を味わえます。

ついでにお賽銭をして神様と会話をすれば心も整います。

ちなみに僕はお参りをする時、お願いごとをするのではなく

「神様いつもありがとうございます。困ったことがあればいつでもお話を聞きますね。」

と勝手ながら念じています…笑

kazu

神様に対して少し恐れ多いかもしれませんが…笑

図書館で読書する

今度は

図書館で読書をすること

をおすすめします。

図書館は無料でいろんなジャンルの本を読める他

雰囲気も静かで本が傷まないよう空調も管理されています。

つまり図書館にはリラックスできる空間が整っているんですよね。

読書自体も心理的にリラックスできる機会となります。

過去のKindleを読み直す

ちなみに僕はKindleの電子書籍も大好きなのですが

サブスクであるKindle Unlimitedには加入していません。

多くの書籍を短時間で同時読みすることはできないのですが

その代わりに過去のKindleを読み直すようにしています。

内容を忘れた頃にもう一度読み直すと、もう一度新鮮な気持ちになれますし

以前に読んだ内容なのでさらに学習が深まります。

ちなみにKindleを読み直す方法は二通りあって

僕はもう一度全ての文章を読む以外にも

個別にアンダーラインをつけた文章をまとめたページをみています。

Kindleは気になった文章をドラッグ&ドロップしてアンダーラインを引けば

その文章を自動的にハイライトのページに保存してくれます。

数々のお気に入りの文章を一つのページにまとめてくれるので

読み直しの時に大事な部分だけ読むということも可能です。

目的地を決めずに散歩する

最後に

目的を持たずに散歩すること

をおすすめします。

徒歩はどうしても移動の手段の一つになってしまいがちですが

ゆっくり時間をかけて散歩自体を目的にすることで、移動が娯楽に移り変わります。

目的がない散歩ってとても気分がいいんですよね。

時間を気にせず、自由気ままに歩くことで心も整ってきます。

天気がいい日に散歩すれば日光浴と澄んだ空気を味わうことができます。

ちなみに散歩しながら公園でも駅前でも、座れるところをいつも探しています。

座った時に見える景色が良くて、背もたれもついている所があれば

そこにコーヒーをいれた水筒を持ってけば簡単なテラス席の完成。

あとは赴くままに時間の経過を楽しみます。

綺麗な景色を探して写真撮影

散歩をするついでに偶然出会った綺麗な景色などはiPhoneなどで写真をとって保存しています。

そしていつでも見返せるようにすることで自律神経を整えることができます。

 歩いているとふとした瞬間に道端に咲く花や、いつもと違う空模様に心を奪われることがありますよね。

 そのときの体の状態は、まさにリラックスしていて副交感神経が高まっている状態です。

 その一瞬の感動を目に焼き付けるだけでなく記録しておくことで、感動を後で振り返ることができます。

出典:結局、自律神経がすべて解決してくれる|小林弘幸著(株式会社アスコム:2021/7)

それに偶然出会えた綺麗な景色ってなんだか貴重な感じがするんですよね。

ちなみに最近撮った写真はこんな感じ。

kazu

目的を持たず散歩する醍醐味だと感じてます。

まとめ

お金を使わずとも自分を充実させる方法をいくつかストックしておくことで

お金に左右されない日常生活を送ることができます。

お金に左右されないということは

自らの手で日々の豊かさを創造できる

とも感じています。

先ほど紹介した方法の全てに共通するのは

他の価値観ではなくすべて自分なりに作ってきた豊かさだということ。

いつも通りの日常でも自分なりの豊かさを作っていく工夫をしていけば

どんな状況においても安定して心を充実させることができるかと思います。

皆さまもお金を使わずとも楽しめるお気に入りの方法はありますか?

よければ参考にしてみてください。

kazu

暮らしをよりよく。

If you like this article, please
Follow !

目次